« 微笑みの国 タイ | トップページ | 困ったなぁ!! »

2010年1月17日 (日)

微笑みの国 2日目

1月17日(日)
2日目はツアーに無料で付いていた市内観光です。
最後にお土産店に寄る。。というので時間の無駄と躊躇しましたが
なんせ無料。。。


Img_7324

まずは王宮。

広大な敷地の中には
歴代国王の宮殿や
国王を祭る寺院などが
あるので、肌の露出が
多い服装では入場が
禁止されています。

←な格好ではだめ!!
っていう看板。



Img_7326

お坊さんも見学
田舎のお坊さんが大勢
見学に訪れるといいます。





お坊さんは女性に触れないので
近づかないように。。。と
言われました。



Img_7335
プラ・モンドップ


ラマ1世の仏教経典を
納めている書庫



内部は残念ながら
公開されていません。

金ぴか!!



Img_0040

タイルに金箔が張って
あるらしい。


日の光に当たって
キラキラ輝いています。




Img_0051
プラサート・プラテープ・
ピードン


歴代国王の像を
安置してある。

別名「ロイアル・パルテオン」







Img_7348

ウィハーン・ヨート


仏陀像が安置される仏堂


屋根の上部は王冠の形を
しており、色鮮やかな陶磁片で
細かい装飾がされています。




Img_7367
台座を支える役をなす
ヤックとモック(真ん中)

モックは猿神。

だけどモックは支えている
振りをしているだけで
「楽、楽」と口をあけて
笑っているんだとか・・・。
ずる賢い猿を
表しているんだそうです。




Img_7395
回廊には「ラーマキエン」の
神話が描かれています。



金色の部分は金箔。

ラーマキエンって何??って
感じです。


Img_7398

こんな風にお兄さんが
修復しています。








なんにも考えずに見学していて
この記事をアップするためにガイドブックをよくよくみたら
すごい所なんですねぇ。

そういえばガイドさんが説明してくれていたけれど
聞いていなかったみたいです。。。。


お次はワット・アルンです

Img_0076
巨大な仏塔が中央にそびえる
仏教寺院。

三島由紀夫の「暁の寺院」で
有名みたいですね。










Img_7429

この急な階段が登れます。


が、行きはいいけれど
帰りは大変です。
翌日足が痛くなりました。












Img_7462
バンコク最古の寺院の
ワット・ポー。


巨大な黄金色の寝釈迦像が
有名です。


カメラに収まりきらない。





勉強不足でもっと覚えていくべきでした。
奥が深いぞ、タイ!!

Img_7496
小泉元首相も訪れた
ソンブーン。


プーパッポンカリー
蟹をカレーソースで炒め
卵をふんわり加えてあります。

蟹を一匹入れるそうですが
殻をとるのが面倒なので
殻なしを頼みました。



Img_7495

空心菜の炒めもの

醤油ベースで美味しい







Img_0114

川エビのグリル



蟹やエビのみそは
嫌い。。。と頼んでから
気が付いた!!



ビールを頼んで800B(2400円くらい)
少々、ひつこくて残してしまった。
勿体無い!!!!




Img_7485
市内の渋滞。

すごい色のタクシーが
沢山。


排気ガスがすごいです。






朝から夜まで疲れました。

|

« 微笑みの国 タイ | トップページ | 困ったなぁ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 微笑みの国 タイ | トップページ | 困ったなぁ!! »