« 神々が棲む島 10/28-2 寺院巡り | トップページ | 神々が棲む島 10/29-1 ジャラン・ジャラン »

2011年11月29日 (火)

神々が棲む島 10/28-3 バリ舞踊

きらびやかな舞踊はバリ人が信仰するヒンドゥー教の儀式や祭礼のなかで
神々への捧げものとして花開いたといわれています。

3大バリ舞踊とは
レゴンダンス
ケチャ
バロンダンス      と分かれています。


今夜見るのは最も優美なレゴンダンスです。
沢山の公演がウブドのあちこちの会場で演じられています。
その中でも日本、アメリカや数多くの海外公演を成功させたティルタサリ楽団にいきました。


Img_0918

専用の公演会場を持つティルタサリ。
外は大雨で公演がおこなわれるか心配でしたが
ここなら大丈夫!!
席は早いもの順で、我々は最前列でした

Img_0922


Img_0926
バリ舞踊に欠かせない存在のガムラン。
インドネシアの打楽器やシンバル、太鼓の編成で舞踊とともに奏でられます。
ガムランは日本でいったら、鉄琴みたいなものかな?


最初の演目はペンデット

Img_0930

Img_0936

供物の花を盛った銀盆を手に、複数の女性たちが神々の降臨を祝福し、ゆったりと舞う。
花びらをまいて観客を迎えるウエルカムダンスとして知られています。


とっても華やかなんだけれど、踊っている人がねぇ。
おばはんじゃないの?


Img_0932

う~~~ん、微妙。

ここで大変なことが・・・・。
カメラの電源がなくなって撮影不能に。。。。。。。
なんのためにここまできたのか、ショック!!!!

以下携帯から・・・・・・・。


Dsc_0212
見たかったバリス。

バリスとは隊列という意味。
男性舞踊の原点ともいえる力強い舞で、少年が初めて習う伝統的な踊りでもあるそうです。

ちいさくて、ボケているけれど14歳くらいの男の子。
勇敢な戦士の舞がよくあらわれていました。


Dsc_0216


Dsc_0217

レゴン・ラッサム
バリ舞踊の代名詞をいえるほどよく知られるようになったポピュラーな演目。
チョンドンと呼ばれる侍女役の華やかな踊り。

携帯なのが残念。
この子すごい!!!!!
まだ中学生くらいらしいけれど、華奢な体型なんだけれど、目力がすごい。
舞踊団のトップダンサーが踊る演目らしいけれど、この子がトップなんだろうか?
将来が楽しみな踊り手さんです。

楽しみにしていたレゴンダンス。
最初はえ?って思ったけれど、最後がよかった。
違う舞踊団のものもみたいなぁ~と思ったまましもべでした。


食事の時間や舞踊を見ている間はカッチャンはどこかで時間をつぶしてくれていました。
9:00から21:00までの12時間で$100のガイド料です。

あさってにまたお願いしてありますが
「あちゃ~」なことが待っていました。
それはまたこんど・・・・・・。


|

« 神々が棲む島 10/28-2 寺院巡り | トップページ | 神々が棲む島 10/29-1 ジャラン・ジャラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神々が棲む島 10/28-2 寺院巡り | トップページ | 神々が棲む島 10/29-1 ジャラン・ジャラン »