« 神々が棲む島 10/28-3 バリ舞踊 | トップページ | 神々の棲む島 10/29-2 ケチャ »

2011年12月 1日 (木)

神々が棲む島 10/29-1 ジャラン・ジャラン

12月に入りました。
あまりの寒さにこたつの中にもぐったまま、アイちゃんは出てきません。
雨が止んだので、散歩に行こうとしたら、
玄関を3歩くらい出ただけで、ユータンして戻ってきてしまいました。

これからもっと寒くなるのにねぇ~~~。


暑いバリ島が懐かしい!!!!!


3日目のバリはのんびりする予定でしたが(せっかくプール付きなんだしね)
貧乏症な我々はホテルで落ち着いてはいられませんでした。


ウブドの中心部にはモンキーフォレスト通りとハノマン通りという大きな通りが平行して
はしっています。
道の両端にはお土産や、カフェ、洋服店、雑貨やなどがひしめいていて
(原宿の竹下通りを想像してください)
お店をひやかして歩くには最高です。

ジャラン・ジャランとは散歩という意味らしいです。

今日はジャラン・ジャランです。

Img_0959

Img_0962

モンキーフォレストというくらいですから、猿が放し飼いになっている鬱蒼とした公園があります。
猿は神の使いとされていて、大切にされている様子です。

木の上にお猿さん。
公園に入るには入場料がかかりますが、入ってみたかった。
動物が苦手なぱぱしもべに却下され、しぶしぶジャラン・ジャランを始めましょう。

Img_0966
HISの看板が見えますね。

Img_0963
ウタマ・スパイスという伝統的薬草療法に詳しいブランド。
コスメや石鹸。帰りに寄ろう。。。と思ったら、忘れてしまった。
残念!!


Img_0982
キョロキョロしていると大変なことに。
道がでこぼこで穴が開いていたりと、転びそう。
下をみていると、目的のお店を見逃すということになってしまいます。

Img_0967
ウブド・クロッド村集会場
日本でいえば、自治会館みたいなものかしら?
ここでは毎日のように夜、バリ舞踊が行われています。

Img_0971

入り口の石像がみごとですねぇ。
こんな石像を持って帰りたいと思ったのですが、重くて無理ですよね。
ほしいなぁ~~~、庭に置きたい。


Img_0977


Img_0978
信仰深いバリの人たちは神さまのお供えも欠かさず、毎日行うそうです。
このお供え物はチャナンといって、ヤシの葉の茎を編みこんで容器にして花や食べ物を
盛ってあります。


Img_1312
困ったことに道端やお店の前にも置かれてあるのね。
そして古いものは捨てて交換すればいいのに、ごちゃ混ぜに置かれてある。
なんど踏んでしまったことか。。。。。。
バチあたらないといいけれど・・・・。


暑くてフラフラしてきたぞ!
街角には「タクシー?!」なんて声をかけてくるおっちゃんたちが沢山いて
そのたびに、「タクシー乗ろうよ」とぱぱしもべに言うけれど、

「歩かなければ、その町の良さはわからない」なんて体力のある方はのたまう。

まましもべは無言になり、トボトボ歩くのでした。。。。。。

Img_0986
やっとお昼だよ。
歩き始めて、3時間くらい。。。。
安い・美味しい・きれいと評判のマンガ・マドゥというワルンです。
地元民にも好評とか。。。


Img_0985
下にテーブル席があり、半2階にお座敷がありました。

Img_0989
アヤム・ケジュ
鶏のチーズフライ。 鶏の中にチーズが入っており、サクサクしています。
290円くらいです。

Img_0990
カンクン
空芯菜炒め   タイではまった空芯菜。
どこで食べてもはずれない。ニンニクがきいていておいしぃ。90円。

Img_0988
ナシチャンブル。
ご飯と色んなおかずがのっています。
四角いのはさつまいもを甘く煮たもの。
右隣は鶏の煮たもの。
おかずは日替わりで違ってくるようです。170円くらい。

ビール(昼間から)ととっても濃厚なうま~~~いマンゴージュースとで
910円というありえないお値段でした。

お味はまずくはないけれど、「おいし~~~~」と大絶賛するほどではありません。

さて、ホテルに帰ってお昼寝でもしますかね?
今夜はケチャを見に行きますよ。


|

« 神々が棲む島 10/28-3 バリ舞踊 | トップページ | 神々の棲む島 10/29-2 ケチャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神々が棲む島 10/28-3 バリ舞踊 | トップページ | 神々の棲む島 10/29-2 ケチャ »