« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月22日 (火)

笑顔がみたいから・・・・・   その後

5月10日

同じ関東地方だけれど、我が家から約2時間の距離。
首都高なんて怖くて走ったことは3回だけ。。。。。

東名なんぞ走ったことはない。

なんども、なんどもナビでシュミレーションをして
なんと4時間前に出発。
首都高が渋滞していたら時間が読めないし
予約時間に遅刻しそうだ。。。とあせるよりも
早くついたほうがいいだろうと思った。


「かーちゃんどこにお出かけ?」と
遠出の予感にウキウキな感じのアイちゃん。


やっぱり1時間前に到着。

Img_2245_2
新緑がまぶしいキャンパス。
早すぎたのでキャンパス内をあちこちお散歩。




Img_2244獣医学部があるからか、キャンパス内に牛さんもいた。
この方は未来の獣医さんかな?


Img_2237右端が動物病院の入り口です。


ここはかかりつけ医から直接予約を取ってもらわなければ
診てもらえません。
電話してもらった日から、一ヶ月後の受診でした。
なんとかもっと早く出来ないのか。。。と聞いてくれたけれど
新学期やGWなどで、新患の予約が一杯とのことでした。

悪性だったら一ヶ月も、なにもしなかったら、
どんどん悪くなるだろうし、心配で心配でならなかった。

ただ、ここの腫瘍科のトップは病院長でもあり
「腫瘍科のドン」と呼ばれ、犬猫の癌治療の世界では有名な方らしい。
(あくまでうわさなので、真偽は?です)
そんな高名な実力のある方に、「難しいね」って言われれば
あきらめもつく。。。かなぁ~と思った。

今日は腫瘍科のみの診察日で
待合室にいるワン、ニャンは皆腫瘍があり闘病している仔や
疑いのある仔ばかり。
20匹くらいいたかなぁ?

やせ細ってぐったりしているビーグル犬。

肛門近くに拳大の腫瘍が出来て手術したシーズーさん。
前日手術して、今日は退院でお迎えにきていた。
おしりの周りに10針づつくらい2ヶ所も縫ってあった。

コンコンと乾いた咳をし続けながら、緊張のためか
ニャーニャーと泣き続ける猫さん。

みんな重い病気をかかえている姿に
暗い気持ちになる。



そんな中アイちゃんは
「猫さんがいる。猫さんと遊ぶ」と大騒ぎ。。。。。

やせ細ったビーグル犬がおやつをもらうのを目ざとく発見して
「わたしも食べた~~~い」とクンクン、おねだり。。。。
前夜から食べ物禁止だからお腹が空いたのはわかるけれど
恥ずかしい。。。。。

アイちゃん、”悪性疑い”なんだけれど
とっても元気なんですよ。
具合の悪いところなんて、一切なし。(と思う)
食欲大有り、シッコ、ウンP良好です。
あるのは、のどの出来物だけ・・・・・・・・。

Img_2250こんな風に助手(勿論、獣医さん?)の方が問診。
病院のHPにも書かれているけれど
学生さんや研修医の方が診察に立ち会っていて
狭い診察室にずら~~~っと立ち並んでいる姿には
ちょっとびびる。





血液検査
レントゲンは異常なし。
もし、のどのポリープが悪性だとしても
今のところ”肺転移”や”骨転移”はなし。


初診で全身麻酔をしてMRIを撮ることはなく
日を改めてまた来ることになっているらしいが
・全身麻酔をしなければ、喉のポリープが見られない
   (嫌がって抵抗して舌が邪魔して見えない)
・遠方から来てる
・たまたまMRIの予約に空きがある
とのことで、そのまま2時間くらい預かってもらい検査。
      また検査だけに来る。。。なんてならなくて
      よかったぁ~。




2時間なにをしようかなぁ~と外に出ると
雷と土砂降りの雨。
とりあえず車の中でボ~~~っとしていた。

2時間の予定が1時間後に
「終わりましたから、いつでもお迎えにきてください」と
電話あり。
迎えに行ったら、綺麗な小柄のお姉さん(獣医さんの卵?)に
抱っこされ、キョトンとしていた。

ここで簡単な説明。
  ・肺、腸、骨、心臓は問題ない。
  ・のどのポリープは写真のような形のものは見つからない!
   (え?ポリープないの??どこ行ったの?????
         まさかアイちゃん食べちゃった?)
  ・ポリープがあったという場所に周りと色が違うところがあるので
   そこを擦って細胞疹に出す。

??????????な説明。
MRIなどをみて総合的に判断し
明日、午前中に携帯に電話をしてくれるという。



疲れた一日が終わり、結果は明日・・・・・・・。
心配で眠れるかなぁ?






続きを読む "笑顔がみたいから・・・・・   その後"

| | コメント (4)

2012年5月21日 (月)

笑顔がみたいから・・・・・・

アイちゃんが我が家に来て、4月30日で7年が過ぎました。
最初は遠慮がちだったのに、7年も過ぎるとどっしりとした存在感を示しています。

厳しく”しつけ”ようなんて思っていた飼い主も
「まぁ、いいか」なぁんて甘、甘の飼い主になっています。

Img_2223_2お散歩に行ってこんな笑顔が見られると、うれしくなってしまいますよね。
年をとったせいかランで走り回るよりも、トコトコお散歩のほうが好きなようです。



小型犬の寿命は平均で12~13年らしいけれど、まだまだこの平和で静かな生活が
いつまでもいつまでも続く・・・・と思っていました。

それが一変したのは3月31日でした。
右目の手術が終わって術後の説明を受けたときに
「右目は無事に終わりました。
1週間後にまた来てください。
それより心配なことがあります」と。。。。。。

軟口蓋(人間ののどちんこあたり)にポリープがあると、
一眼レフカメラの小さなモニターを見せられた。

覗き込んでみると

Img_7112_2なにがなんだかわからないけれど、アイちゃんの口の中。


全然気づかなかった。。。と言うと
全身麻酔をして、大きく口を開けなければわからないだろうと。

ポリープなら一部を取って病理検査にだしてくれたのかと、聞くと
かかりつけ医にはこの写真をメールで送っておくから
「それはかかりつけ医でやってください」と
”お気の毒に・・・”って感じがただよっていました。


ポリープ=悪性腫瘍????
悪性腫瘍=癌?????

自分で見てみようと、アイちゃんの口を大きく開けようと試みるも
嫌がって逃げていく。

かかりつけ医に電話すると、まだ写真は送られてきておらず見ていないが、
一部細胞を取って検査機関に出すことは可能。
しかし、全身麻酔のことを考えると、一週間以上の間隔をあけたほうがいい
とのことで2週間後に検査をする予約をしました。

Img_7112_1上の写真と同じですが、赤丸の中が疑惑のポリープです。


その後、写真を見たかかりつけ医から電話がありました。
・悪性の可能性もある
・CTやMRIを撮らないとわからないけれど
  場所的に鼻のほうに広がっていたら外科手術が難しい
・検査のために一部取ると、それが刺激になり急激に
  大きくなることが多い
・検査のあと手術できないなら、すぐに放射線治療を始めたほうがいいので
大学病院に行ったほうがいい


えぇぇぇぇぇぇぇ、
それって悪性だからうちでは手に負えない。。。ってこと??
あまりの急展開に頭がついていかない。


どこか具合が悪いとかで、病院にかかり
”癌”かもしれない。。。。と言われるのならわかるけれど
具合が悪いのは右目だけで、あとはとっても元気なのに。。。。
青天の霹靂とはこのことだろう・・・・・・。




「犬の癌」  「犬の悪性腫瘍」  「犬の口腔内腫瘍」
「犬の腫瘍闘病記」   「犬の放射線治療」
と、思いつく、ありとあらゆる言葉で検索してみる。

泣いている時間はない!
犬の1年は人間の5年くらいなんだから・・・・・。
色んなことを調べなくては・・・・。







癌の治療方法としては
外科的手術、抗がん剤、放射線治療が柱となっている。


放射線治療は
放射線のエネルギーがDNAに直接または間接的に作用することで、照射部位の細胞を攻撃する。
ただし正常な組織もダメージを受けてしまうが、腫瘍細胞はダメージを受けると
なかなか回復しないが、正常な組織は回復が少し早いので
その回復力の差を利用して何回かに放射線治療をわけることで、
効率よく腫瘍を攻撃していくということが仕組みらしい。



放射線治療には高電圧(メガボルテージ)放射線と常電圧(オルソボルテージ)放射線がある。
人で治療として利用されているのは、高電圧(メガボルテージ)放射線のみ。
しかし、動物においては費用などの問題から常電圧を利用するところも
まだまだ多い。



高電圧のメリット
・深くまで放射線が届くため、頭骸内、鼻腔内、胸腔内、腹腔内など深部の腫瘍
 にしっかり届く。   
・放射線のエネルギーピークが体の表面でなく、当てた部位の2-3cm深い部分で
 ピークを向かえるため皮膚表面や体表直下の骨などに障害を与えづらい。

それに対し、常電圧だとエネルギーが少ないためほとんどが体の表面で吸収され、
手前に骨があると、そこにエネルギーが集中し副作用をだしてしまい、
患部に届かないことがある。


  
通常、人の放射線治療は週5日を数週間、毎日照射するというのが一般的。
できるだけ少ない放射線のエネルギーを分割してこまめに照射するというのが、
副作用を出しづらくし、効率的に腫瘍を攻撃するやり方。
回数を多くして副作用を出ずらくする反面、動物では
動かず、じ~~っとしていないので全身麻酔が必須になる。
麻酔の回数も気になるところ。


今、日本で高電圧(メガボルテージ)をしてくれる動物病院は
週5回       南動物病院(三重県)
週3回       北里大学(青森県)
           日本大学(神奈川県)
           日本動物高度医療センター(神奈川県川崎市)
週2回       九州動物医療先端研究所(鹿児島県)
週1回       日本獣医生命科学大学(東京都)
           麻布大学(神奈川県)
不明        大阪府立大学
           岐阜大学

全国で9箇所のみ(調べ足りず他にあるかもしれません)
高電圧は設置に2~3億かかり、採算がとてもとれないようですが
誰でもが気軽に受けられる。。。という数ではない。




それに費用。
その仔によって、病状が違い一概にいえないけれど、調べたなかで
週3回×4週で12回照射する、日本動物高度医療センターで
事前検査代も含めて100諭吉さんくらい。
ここが一番高い。

週1回×4週で4回照射する麻布大学で35諭吉さんくらい。

笑うしかない金額ですよね。
人間と違い健康保険がない動物で医療費が高いとわかっていたけれど
この金額は想像を絶する。


それに動物は我慢強く、症状がでたときには
かなり病状が進んでいることが多く、予後が悪い。
人間のように「早期がん」ってのはあまりないようだ。

「犬の癌闘病記」で検索すると沢山のブログがヒットする。
病気になった犬のがんばりと飼い主さんの気持ちが痛ましい。
癌と診断されてから、大多数の仔が一年未満で力尽きてしまっている。

”完治”して、その後長い間楽しく暮らせるなら
お金には変えられないと思う。
けれど一年くらいで力尽きてしまったら
巨額(我が家にとっては)のお金をかけられるのだろうか?

命・・・・・・・・
お金・・・・・・。
いくら考えても答えは見つからない(涙)




かかりつけ医は
検査するだけではなく、次にどんな治療をするのか
考えておいたほうがいいと言う。
検査だけで、もし悪性ならなにも治療しないとしたら
どのくらいの余命ですか?と聞いたところ
”悪性と決まったわけではないけれど”
「2~3ヶ月くらい」とあり得ない返答。。。。。。。。




それを聞いて答えは決まった。
後、2~3ヶ月でアイちゃんを取られてたまるか。。。と思った。
アイちゃんにとっては全身麻酔をされ、血液検査をされ
痛い思いだけかもしれない。
放射線の副作用もあるだろう。

だけど飼い主の勝手かもしれないけれど
いや、飼い主の勝手そのものだろうが
アイちゃんの笑顔をまだまだ見ていたい・・・・・・・・。





かかりつけ医に大学病院の予約をとってもらった。
5月10日・・・・・・・・・・・・。



| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

アイちゃんのおめめ

ご無沙汰ばかりしています。
バタバタ、ガタガタしていてすっかり、更新を忘れていました。



3月に始まったアイちゃんの右目のその後です。
かなり長いので、興味の無い方はスルーしてね。



3月1日
    夜、右目をつぶっているのに気づく。
    触ろうとすると、抵抗して嫌がる。


3月2日
    こんな感じで目をつぶっている。
仕事だったので、「犬を病院に連れて行きたいので、早退したい」と言うと、
大ひんしゅくをかう。
「犬は自分で病院に行けないから」と訳わからない理由を述べて、30分早く帰る。
(もっと早く帰りかったが。。。。)


フルオレッセンという検査をする
  (蛍光色素を目に入れると、傷があるところのみ、蛍光色素に染まるというもの)

角膜に傷があり、それで痛くて目をつぶっているという。
草むらに顔を突っ込んで、草で傷つけたり、爪で掻いて傷つけたり
結構よくあることらしい。

角膜を再生する目薬をもらう。
              ・タフロン点眼薬・・・・・抗菌薬
              ・パピティン点眼薬・・・角膜保護再生薬
              ・ヒアロンサン点眼薬・角膜再生促進薬
角膜は皮膚よりも再生能力が早く、3~4日もすれば良くなるだろう。。。とのこと。


3月12日
目は開くようになっている。
やや、涙が多いかな?っていう状態。

フルオレッセン検査
「傷が治らないうちに角膜が再生してしまって、あまりいい直り方をしていないなぁ」と
言われる。

もう一度、最初から角膜を再生させるためにわざと傷をつける。
涙の成分にもっとも近いらしい、採血をして自分の血清を使って目薬とする。
(血清点眼といい、人間のドライアイの治療方法は知っていたけれど、犬にもあるんだぁ
 
  と感心する)


           

Dsc_0229

3月12日
目はしっかり開いていて、よくなったと思っていたら。。。。。

フルオレッセン検査
角膜上皮が角膜実質につかないで、プカプカ浮かんでいる状態だ、と言われる。

Img_2145
角膜は4層からなっており、0.6~0.8mmくらいの薄さ。
たまねぎを想像してください。
皮が何層かになっていますよね、あんな感じです。
上から角膜上皮、角膜実質、デメス膜、内皮となっていて、それぞれが密着しています。
角膜上皮だけの傷だったら、すぐに治ってしまうそうです。

ぴったり密着するはずの上皮が、密着せずに浮いてしまっている状態を
「角膜びらん」という疾患だそうです。
浮いている状態なので、すぐにはがれてしまうらしい。

かかりつけ医は「う~~~~ん」と唸り、眼科専門医の受診を勧める。

私はのんきに構えていて、なんとか点眼薬だけで治るか?と思っていました。


3月23日
フルオレッセン検査
やっぱりしっかり密着しないらしい。
目をこすると、角膜がベッロっとはがれたらしい(涙)

眼科専門医での手術を勧められる。
しっかり密着させるために角膜実質にちいさな格子状の凹凸(傷)をつけて
上皮がペッタッとつくようにするらしい。

なんとか手術は回避したいのでもう少し様子をみることにした。


ところがDsc_0249可愛いアイちゃんはかなり痛い様子。
ネットで検索すると人間の場合でも、”激痛”だと書いてあった。
一日中目をつぶり、元気もない。

さすがの私もあわてて、浅草にある眼科専門医の予約をとる。







続きを読む "アイちゃんのおめめ"

| | コメント (4)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »