« 笑顔がみたいから・・・・・・ | トップページ | 梅雨入り »

2012年5月22日 (火)

笑顔がみたいから・・・・・   その後

5月10日

同じ関東地方だけれど、我が家から約2時間の距離。
首都高なんて怖くて走ったことは3回だけ。。。。。

東名なんぞ走ったことはない。

なんども、なんどもナビでシュミレーションをして
なんと4時間前に出発。
首都高が渋滞していたら時間が読めないし
予約時間に遅刻しそうだ。。。とあせるよりも
早くついたほうがいいだろうと思った。


「かーちゃんどこにお出かけ?」と
遠出の予感にウキウキな感じのアイちゃん。


やっぱり1時間前に到着。

Img_2245_2
新緑がまぶしいキャンパス。
早すぎたのでキャンパス内をあちこちお散歩。




Img_2244獣医学部があるからか、キャンパス内に牛さんもいた。
この方は未来の獣医さんかな?


Img_2237右端が動物病院の入り口です。


ここはかかりつけ医から直接予約を取ってもらわなければ
診てもらえません。
電話してもらった日から、一ヶ月後の受診でした。
なんとかもっと早く出来ないのか。。。と聞いてくれたけれど
新学期やGWなどで、新患の予約が一杯とのことでした。

悪性だったら一ヶ月も、なにもしなかったら、
どんどん悪くなるだろうし、心配で心配でならなかった。

ただ、ここの腫瘍科のトップは病院長でもあり
「腫瘍科のドン」と呼ばれ、犬猫の癌治療の世界では有名な方らしい。
(あくまでうわさなので、真偽は?です)
そんな高名な実力のある方に、「難しいね」って言われれば
あきらめもつく。。。かなぁ~と思った。

今日は腫瘍科のみの診察日で
待合室にいるワン、ニャンは皆腫瘍があり闘病している仔や
疑いのある仔ばかり。
20匹くらいいたかなぁ?

やせ細ってぐったりしているビーグル犬。

肛門近くに拳大の腫瘍が出来て手術したシーズーさん。
前日手術して、今日は退院でお迎えにきていた。
おしりの周りに10針づつくらい2ヶ所も縫ってあった。

コンコンと乾いた咳をし続けながら、緊張のためか
ニャーニャーと泣き続ける猫さん。

みんな重い病気をかかえている姿に
暗い気持ちになる。



そんな中アイちゃんは
「猫さんがいる。猫さんと遊ぶ」と大騒ぎ。。。。。

やせ細ったビーグル犬がおやつをもらうのを目ざとく発見して
「わたしも食べた~~~い」とクンクン、おねだり。。。。
前夜から食べ物禁止だからお腹が空いたのはわかるけれど
恥ずかしい。。。。。

アイちゃん、”悪性疑い”なんだけれど
とっても元気なんですよ。
具合の悪いところなんて、一切なし。(と思う)
食欲大有り、シッコ、ウンP良好です。
あるのは、のどの出来物だけ・・・・・・・・。

Img_2250こんな風に助手(勿論、獣医さん?)の方が問診。
病院のHPにも書かれているけれど
学生さんや研修医の方が診察に立ち会っていて
狭い診察室にずら~~~っと立ち並んでいる姿には
ちょっとびびる。





血液検査
レントゲンは異常なし。
もし、のどのポリープが悪性だとしても
今のところ”肺転移”や”骨転移”はなし。


初診で全身麻酔をしてMRIを撮ることはなく
日を改めてまた来ることになっているらしいが
・全身麻酔をしなければ、喉のポリープが見られない
   (嫌がって抵抗して舌が邪魔して見えない)
・遠方から来てる
・たまたまMRIの予約に空きがある
とのことで、そのまま2時間くらい預かってもらい検査。
      また検査だけに来る。。。なんてならなくて
      よかったぁ~。




2時間なにをしようかなぁ~と外に出ると
雷と土砂降りの雨。
とりあえず車の中でボ~~~っとしていた。

2時間の予定が1時間後に
「終わりましたから、いつでもお迎えにきてください」と
電話あり。
迎えに行ったら、綺麗な小柄のお姉さん(獣医さんの卵?)に
抱っこされ、キョトンとしていた。

ここで簡単な説明。
  ・肺、腸、骨、心臓は問題ない。
  ・のどのポリープは写真のような形のものは見つからない!
   (え?ポリープないの??どこ行ったの?????
         まさかアイちゃん食べちゃった?)
  ・ポリープがあったという場所に周りと色が違うところがあるので
   そこを擦って細胞疹に出す。

??????????な説明。
MRIなどをみて総合的に判断し
明日、午前中に携帯に電話をしてくれるという。



疲れた一日が終わり、結果は明日・・・・・・・。
心配で眠れるかなぁ?






たぶん眠れないな!なぁんて思っていたが
往復5時間の運転で疲れていたらしく
あっという間に寝たらしい。




5月11日
とーちゃんの誕生日。
最悪の日になるか?
最良の日になるか??????




いつ携帯が鳴るのか気が気ではなかった。
11時30分ころ担当の先生から電話。




MRIなど色々見てみても
しこりはありません・・・・と。。。。
しこりがないとはポリープが消えてしまったの??

申し訳なさそうに
良性のもので吸収されてしまったか
炎症で腫れていて、治ったか。。。。
先生もわけがわからない・・・・・・って口ぶりだった。

悪性だったら大きくなることはあっても
なくなる。。。ってことはないとも言う。

免疫力をアップさせるために沖縄のミニピンブリーダーさんが作ってくれる
ニライカナイS(ノニ果実発酵分泌液)が効いたのか
マイタケに含まれるβーグルカンのD-フラクションという
サプリがよかったのか
なんとも不思議なことです。


ただ大学の先生は「悪性ではありません」と
断定はしなかった。
1ヶ月後にもう一度見て見ましょう。。。とおっしゃる。
これをクリアすれば、安心できるかなぁ?
限りなく白に近いグレーってところでしょうか??



まだ心配は少し残っているけれど
笑顔は見続けられそうです・・・・・・・。
よかった!!


もう7歳なんだからどこかにおかしい箇所が出てきても
おかしくない年なんですよね。
それをすっかり忘れていました。
物言えないのだから、飼い主が注意しなければ
いけませんね。

Img_2219アイシスです。
「心配かけて、みなさんごめんなさい。
わたちは不死身だから大丈夫です。
ここ一ヶ月はなんだかご飯が豪華だったの!
でも最近はちょっと質素!!これはどうしたことだろう?」





<お詫び>
前回の記事をアップしてからすぐに今回の記事をアップする予定でした。
でもどこかをいじったらしく、消えてしまった。
結果が遅かったことで、心配をかけてしまったようです。
ごめんなさい。

|

« 笑顔がみたいから・・・・・・ | トップページ | 梅雨入り »

コメント

よかった・・・(号泣)
どんな言葉でアイちゃんままに言葉をかけたらいいのかずっと悩んでメッセージを書いては消しての繰り返しでした。
まだ最終的な結果は出ていないにしても
ポリープが消えてくれて少し安心して書き込みできます。

アイちゃんの話をままちゃんにしたら
すごくショックだったようで、カリーナを見る目がさらに優しくなったみたいでした。

元気で・・何もないようにお祈りしてます。

投稿: しんごまま | 2012年5月22日 (火) 20時56分

あぁ・・・ 前回の記事読んでから心配してましたーー。
でも、悪性じゃないみたいでよかった!!

ゾロエマ見ながら、診断下るまでのアイちゃんママの気持ちを
考えるて、私ならどうなっちゃうだろうーって思いました。

しかも1ヶ月待ち。 

でも、白に限りなく近いグレーでよかったです!!!

投稿: k | 2012年5月22日 (火) 23時42分

あぁ。。。アイちゃん、とりあえず良かったです。。。。。
メールしようかと思ったんですけど、して良いのやらとか考えてしまって。

あぁ、ほんとに良かった。。。

投稿: char | 2012年5月24日 (木) 09時44分

ご無沙汰してます。アイちゃん、大変でしたね。アイちゃんママも、車の運転、ご苦労様です。麻布大学に行ったんですか?うちのミニーも、7歳になりました。もー、犬にとっては、下り坂のお年頃…………
とりあえず、アイちゃん、良かったー!又、来月行かなくちゃいけないですが、アイちゃんママさん、頑張って下さい。

投稿: ミニーママ☆ | 2012年5月25日 (金) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑顔がみたいから・・・・・・ | トップページ | 梅雨入り »