« 早すぎた夏休み3 | トップページ | 早すぎた夏休み5 »

2014年7月13日 (日)

早すぎた夏休み4

Img_4320一日丸々行動できる最終日。
朝早くから行動開始です。
日本のお店は1~2時間待ちはざら。。。というカフェ・カイラ。
そんなに待てないしぃ~ということでハワイの本店に行ってみました。

7時開店で私達がお店に着いたのは6:45(驚)
もう並んでいて、7番目くらい。
みんなすごいねぇ。



Yパンケーキの枚数を3枚から2枚に減らしてもらった。
フルーツ全部のせ。
パンケーキ自体はいたって普通。
フルーツあまり好きではないことに気づく。

完食は出来なかった。



Dsc_1018
ソーセージとチーズのオムレツ。
こちらのほうが美味しい。付け合せのポテトが美味。


これからフラを習いに行くという女性2人組の方はそれぞれ
3枚のパンケーキをペロっと食べていた。
私は好みの問題だと思うけれど、もういいや。。。というレベル。

どこへ行こうか計画したときから迷っていた場所。
パールハーバー。

旅行サイトのコメントをみると
「冷たい目でみられた」とか
「かたみが狭い」とか。。。。

反対に「一度は行ってみるべきところだ」と勧めている方もいる。


やっぱり行ったみたいと
バスに1時間10分くらいゆられて行ってみました。



Img_4338
アリゾナメモリアル。
中央に小さく写っている白い建物です。
1941年12月7日、旧日本海軍の空襲を受け、
乗組員1777名を中に残したまま沈没した戦艦アリゾナの上に建っています。
乗組員はここで永遠の眠りについているそうです。

この日本軍の奇襲を契機として開戦となった第2時世界大戦。


Img_4380水面下に大きな船が沈んでいるのが見えます。



Img_4385
沈んでから60年以上経っているのに未だに燃料の重油が
漏れ出てきています。水面の黒いものが油。
その周辺に油膜がわかりますか?


戦勝国側の展示、コメントが中心ですが、何故戦争になったのかなどの
展示があります。
この日のオアフ島への攻撃を描いた映画を見てから
海軍のボートに乗って白いメモリアルの中を見学します。
中には戦死したアリゾナ乗務員の名前が記してあります。
見る限り日本人は私たちだけでした。
「白い目でみられた」わけでもなく
淡々と見学できました。



Img_4334



Img_4344戦艦ミズーリ。
あまりの大きさ、迫力は桁違いです。


第2次世界大戦の終戦による降伏文書の調印式も行われました。
Img_4348ここが調印式の場だそうです。



Img_4354甲板の手摺が一部曲がったところ。
「カミカゼ・アタック・サイト」というそうです。

1945年4月11日 沖縄東方沖を航海中の戦艦ミズーリに
神風特攻隊のゼロ戦が低空飛行し、突撃してきたそうです。
その衝撃で一部曲がってしまった。


Img_4355


Img_4357無料でミズーリ内をガイドしてくれるボランティアの方の話によると
反撃され、ぶつかった衝撃で即死状態で上半身のみが
甲板に投げ出されたそうです。

当時の館長は「敵でも亡くなったら、祖国を守ろうとしたものだ」と
水葬をし、丁寧に葬ったとのこと。




19歳の若者。
夢や希望があっただろうに
祖国を守るため、家族を守るために
命を捧げていった。
数多くの人たちの犠牲の上に成り立っている平和だ!ということを
かみしめるべきですね。
戦争は二度とすべきではない。


最後まで行くか悩んでいたパールハーバーですが
行ってよかったです。








帰国の日。
空港までの送りはHISに頼みました。
予定より早くお迎えに来てくれた車は
Dsc_1040な、なんとリムジン。
これで帰ります・・・・・・・。

あぁ、帰りたくないなぁ。





|

« 早すぎた夏休み3 | トップページ | 早すぎた夏休み5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早すぎた夏休み3 | トップページ | 早すぎた夏休み5 »